★ 総合比較 ★

一番おすすめの腹筋台・
シットアップベンチって?

スポーツジムなどで見かける腹筋台やシットアップベンチ
を自宅に一台欲しい!
でも、調べてみると意外とたくさんの種類があり、どの
タイプが一番効果的なのか迷いますよね?
実は、「腹筋運動のためだけに必要なのか」「ダンベル運動用のベンチとしても使用するのか」などの使用目的によって、どれがおすすめなのか違ってくるんです。

腹筋台・腹筋ベンチを比較して”効果的な”腹筋運動を!

 腹筋台は、角度の調節ができるようになっていると、自分の体重だけでも強い負荷をかけた腹筋運動を行うことができます。
 さらに、腹筋運動の他に、ダンベルやバーベルを用いたトレーニングを行うときのベンチ台としても使用するのであれば、水平位置での固定ができ、なおかつ、ある程度頑丈なものでなくてはなりません。逆に、自宅のレイアウトなどの事情により、トレーニングのたびに引っ張り出してセッティングをしなければならないような状況であれば、ある程度軽量で、移動に楽なものがよいということになります。
その他にも、足を引っかけることができるタイプかどうか、等々選ぶポイントはいくつかあります。

シットアップベンチランキング

eSPORTS オリジナル マルチシットアップベンチ

サイズ
シート幅28cm×長さ117cm×シート高45cm
重量
約8.5kg
耐荷重
110kg
仕様
フラットベンチ&シットアップベンチの2WAY仕様
収納
折りたたみ収納可能
価格
オープン価格(参考価格:6,180円)

傾斜角のついた腹筋・背筋運動のためのシットアップベンチとして、また、ダンベル運動のときのフラットベンチとして、用途に応じた使用が可能。ベンチの変形方法は、固定ピンを抜いて脚部をスライドさせ動かすだけ。耐荷重110kgの頑丈な作りながら、コンパクトに折りたたむことも可能なので、使わないときには場所をとらずに収納することができます。

詳細はこちら

リマーク シットアップベンチ

サイズ
幅68cm×長さ120cm×高さ64cm
重量
約15.6kg
耐荷重
120kg
仕様
運動に応じて3段階の角度調整
収納
折りたたみ収納可能
価格
13,351円(メーカー希望価格18,000円)

ちょっと変わったデザインの腹筋台が欲しいという人におすすめ。傾斜角は、10度・0度・-15度と、運動に応じて3段階の調整が可能。また、傾斜角0度では、ダンベル運動のときのフラットベンチとしても使用できます。コンパクトに折りたたむことも可能なので、使わないときには場所をとらずに収納することができます。

詳細はこちら

3WAYマルチ インクラインベンチ

サイズ
幅30cm×長さ126cm×高さ51~68cm
重量
約12kg
耐荷重
150kg
仕様
インクライン&フラット&シットアップベンチの1台3役
収納
※折りたたみ収納はできません
価格
9,056円 ※海外製造品につき入荷に時間がかかります

背もたれの角度を変えてインクラインベンチ・フラットベンチ・シットアップベンチの1台3役の使用が可能な優れもの。インクラインベンチとして使用する場合は、背もたれはさらに10段階に角度調整が可能(座面も3段階に角度調整可能)。本格的にトレーニングに取り組みたい人におすすめのトレーニングベンチです。

【詳細はこちら

よくある質問にお答えします

シットアップベンチを選ぶときのポイントは何ですか?
腹筋運動をするときは、効かせたい部位(腹筋)に効かせることが大切になります。
効かせたい部位に効いていないように感じるのであれば、シットアップベンチの角度が合っていない可能性もありますので、角度調整機能のついたシットアップベンチであればなおベストです。
腹筋運動をするときに気をつけることは何ですか?
シットアップベンチに足を引っかけて行う腹筋運動は、首や腰を痛めることもあります。
つねに腹筋に意識を集中させながら運動を行うようにし、また、運動中は勢いをつけて起き上がらずに、頭や肩はシットアップベンチにつけないようにしましょう。
腹筋運動は週に何日くらい行うのがよいですか?
筋肉は、損傷を受けてから2~3日で修復されます。そして、この筋肉のメカニズムを利用して、通常筋トレは一日おきに行うのがよいとされています。
ところが、腹筋の場合は話が違ってきて、腹筋は他の筋肉に比べて回復力が強いため、筋肉痛を伴うような運動であったとしても毎日行うのが効果的です。

  • 本気で腹筋を鍛えたい
  • ウエストを形よく整えたい
  • スッキリウエストが欲しい
  • 脂肪が燃えやすい体質に変えたい
  • 食事制限に頼らずダイエットがしたい


eSPORTS マルチシットアップベンチ

サイズ
シート幅28cm×長さ117cm×シート高45cm
重量
約8.5kg
耐荷重
110kg
仕様
フラットベンチ&シットアップベンチの2WAY仕様
収納
折りたたみ収納可能
価格
オープン価格(参考価格:6,180円)

腹筋運動のための傾斜角のついたシットアップベンチ、また、ダンベル運動のときのフラットベンチとして、用途に応じた使用が可能。ベンチの変形方法は、固定ピンを抜いて脚部をスライドさせ動かすだけ。耐荷重110kgの頑丈な作りながら、コンパクトに折りたたむことも可能なので、使わないときには場所をとらずに収納することができます。

お申し込みはこちら

リマーク シットアップベンチ

サイズ
幅68cm×長さ120cm×高さ64cm
重量
約15.6kg
耐荷重
120kg
仕様
運動に応じて
3段階の角度調整
収納
折りたたみ収納可能
価格
13,351円(メーカー希望価格18,000円)

ちょっと変わったデザインの腹筋台が欲しいという人におすすめ。
傾斜角は、10度・0度・-15度と、運動に応じて3段階の調整が可能。
また、傾斜角0度では、ダンベル運動のときのフラットベンチとしても使用できます。
コンパクトに折りたたむことも可能なので、使わないときには場所をとらずに収納することができます。

お申し込みはこちら

3WAYマルチ インクラインベンチ

サイズ
幅30cm×長さ126cm×高さ51-68cm
重量
約12kg
耐荷重
150kg
仕様
運動に応じて
1台3役
収納
※折りたたみ収納不可
価格
9,056円 ※海外製造品につき入荷に時間がかかります

背もたれの角度を変えてインクラインベンチ・フラットベンチ・シットアップベンチの1台3役の使用が可能な優れもの。インクラインベンチとして使用する場合は、背もたれはさらに10段階に角度調整が可能(座面も3段階に角度調整可能)。本格的にトレーニングに取り組みたい人におすすめのトレーニングベンチです。

お申し込みはこちら

《総合比較》売れ筋No.1の腹筋台

《総合比較》こちらもおすすめ

基礎知識

リンク情報

こちらもチェック

home