★ 総合比較 ★

一番おすすめのダンベル
・鉄アレイはどれ?

 筋トレを始めようと思った人が、まず一番に購入するのがダンベル、もしくは鉄アレイです。
 ダンベル・鉄アレイはどれも同じように見えて、ウェイトが調整式のものと固定式のものがあったり、また、シャフトがスクリュータイプになっていたりなど、いざ購入するとなると、どれを選んでいいか迷ってしまいます。
 一度購入すると、なかなか買い換えないものだけに、品選びは、慎重に行きたいところです。

ダンベルセット・鉄アレイは目的に合ったものを!

 「ジムに通うほどではないけれども、自宅で筋トレを始めたい!」- そのようなときにお薦めなののがダンベルセットです。
 本格的に筋肉を増やしていきたいという人には、後からウェイトを増やすことのできる「ウェイト調整式」のものがおすすめです。また、気軽に、いつでも好きなときにダンベル運動がしたいというような人は、「ウェイト固定式」の鉄アレイやカラーダンベルなどで、見た目もカワイイものを選んでモチベーションを上げるのもよいでしょう。
 さらに、運動のバリエーションを増やしたいのであれば、ダンベルベンチが必要になります。

ダンベルセット ランキング

PURE RISE DUMBBELL SET

重さ
30kg×2個のセット
大きさ
シャフト長さ:410mm
構成
プレート:1.25kgx4枚、2.5kgx4枚、5.0kgx8枚
シャフト:2.5kgx2本
プレート
ラバープレート
シャフト
スクリュー式
価格
税抜 14,889円

プレートは、物音や傷を軽減するラバータイプ(ラバーは全5色の中から好きな色を選べます)。シャフトは、万が一リングが緩んでもプレート落下の心配のないスクリュー式を採用。さらに、グリップ部分には滑りにくい凹凸ローレット加工を施しています。
また、必要最小限の大きさの省スペースデザインなど、ほぼすべての条件がそろったおすすめのダンベルセットです。

詳細はこちら

アジャスタブルダンベル

重さ
最大9.1kg×2個のセット
大きさ
幅310×奥行145×高さ150mm
構成
プレート:小×6枚、大×2枚
機能
アジャストレバーを移動させるだけで、
1.1kg~9.1kgの8種類の重量へワンタッチ変換
付属品
収納用専用トレー(移動用ハンドル付き)
価格
税抜 15,259円

もうプレートを付け替えたり、ダンベルを何個もそろえる必要なし!
通常のダンベルの場合は、プレートを着脱するときは、いちいち留め具を取り外す必要がありますが、この「アジャスタブルダンベル」は、アジャストレバーを移動させ、持ち上げるだけで、好みの重さのウェイトをセットすることが可能です。
※さらに重いタイプ(片方20kgまで調整可能)はこちら ⇒ アジャスタブル ダンベル 2-20kg

詳細はこちら

3WAYマルチ インクラインベンチ

サイズ
幅30cm×長さ126cm×高さ51~68cm
重量
約12kg
耐荷重
150kg
仕様
インクライン&フラット&シットアップベンチの1台3役
収納
※折りたたみ収納はできません
価格
税抜 9,056円

ダンベルトレーニングのフラットベンチのほか、腹筋トレーニングのシットアップベンチ、さらに背もたれの角度を上げてインクラインベンチへと、1台3役の使用が可能な優れもの。インクラインベンチとして使用する場合は、背もたれはさらに10段階に角度調整が可能(座面も3段階に角度調整可能)。本格的にトレーニングに取り組みたい人におすすめのトレーニングベンチです。

【詳細はこちら

よくある質問にお答えします

ダンベルは重さを変えられるタイプのほうがよいですか?
結論から言うと、ダンベルは、重さを変えることのできる「ウェイト調整式」のものがよいです。
トレーニングの種類によって重さを変える必要があることと、筋肉が増えてくると、必然的にウェイトを増やす必要があるからです。
しかし、鉄アレイのような、割と軽量の「ウェイト固定式」のものも使わなくなるわけではないので、見た目もかわいく手軽なカラーダンベルなどから始めるのもよいでしょう。
ダンベルの重さは何キログラムのものを購入すればよいですか?
各人の筋力・体力などにもよりますが、男性の場合で《片手30kg×2個》がおすすめです。
片手30kgと言うと重すぎる印象がありますが、ダンベル運動は、腕の筋肉のみを鍛えるわけではなく、背中や胸の筋肉なども総動員することを考えると、30kgぐらいはないと、すぐに物足りなくなってしまいます。
また、女性の場合は、《片手10~15kg×2個》でよいかと思います。
その他に注意するポイントはありますか?
ダンベルウェイト(プレート)は、床を傷付けたり、置いたときに音が発生することを防ぐために、ゴムで覆われた「ラバープレート」のものがおすすめです。
また、シャフトの種類も、圧着式の「ノーマルタイプ」と、ネジ式の「スクリュータイプ」のものがあります。シャフトは、着脱のしやすさと、ウェイト落下の危険などを考えると、「スクリュータイプ」のものが絶対におすすめです。

  • 家で筋トレがしたい
  • 腕を太くしたい
  • 厚い胸板が欲しい
  • 脂肪が燃えやすい体質に変えたい
  • 夏が似合う身体になりたい


PURE RISE DUMBBELL SET

重さ
30kg×2個のセット
大きさ
シャフト長さ:410mm
構成
プレート:1.25kgx4枚、2.5kgx4枚、5.0kgx8枚
シャフト:2.5kgx2本
プレート
ラバープレート
シャフト
スクリュー式
価格
税抜 14,889円

プレートは、物音や傷を軽減するラバータイプ(ラバーは全5色の中から好きな色を選べます)。シャフトは、万が一リングが緩んでもプレート落下の心配のないスクリュー式を採用。さらに、グリップ部分には滑りにくい凹凸ローレット加工を施しています。
また、必要最小限の大きさで、省スペースを実現など、ほぼすべての条件がそろったおすすめのダンベルセットです。

お申し込みはこちら

アジャスタブルダンベル

重さ
最大9.1kg×2個のセット
大きさ
幅310×奥行145×高さ150mm
構成
プレート:小×6枚、大×2枚
機能
アジャストレバーを移動させるだけで、
1.1kg~9.1kgの8種類の重量へワンタッチ変換
付属品
収納用専用トレー(移動用ハンドル付き)
価格
税抜 15,259円

もうプレートを付け替えたり、ダンベルを何個もそろえる必要なし!
通常のダンベルの場合は、プレートを着脱するときは、いちいち留め具を取り外す必要があります。ところが、この「アジャスタブルダンベル」は、アジャストレバーを移動させ、持ち上げるだけで、好みの重さのウェイトにセットすることが可能です。

お申し込みはこちら

3WAYマルチ インクラインベンチ

サイズ
幅30cm×長さ126cm×高さ51-68cm
重量
約12kg
耐荷重
150kg
仕様
運動に応じて
1台3役
収納
※折りたたみ収納不可
価格
税抜 9,056円

ダンベルトレーニングのフラットベンチのほか、腹筋トレーニングのシットアップベンチ、さらに背もたれの角度を上げてインクラインベンチへと、1台3役の使用が可能な優れもの。インクラインベンチとして使用する場合は、背もたれはさらに10段階に角度調整が可能(座面も3段階に角度調整可能)。本格的にトレーニングに取り組みたい人におすすめのトレーニングベンチです。

お申し込みはこちら

《総合比較》売れ筋No.1のダンベルセット

《総合比較》こちらもおすすめ

基礎知識

リンク情報

こちらもチェック

home